松井省吾さん(会報vol.36)2019.8.1
投稿日:2020.05.13

松井省吾さん
法学部2019年卒


私が教職に就こうと思った理由は2つあります。
ます、1つ目は中学時代の先生に憧れたからです。
その憧れの先生は社会科教諭で柔道部の顧問でした。そして、
その先生の社会の授業は、豆知識やギャグが取り入れられ、大変面白く、且つ説明も解り易く、小学校の頃から社会、特に歴史が好きだっ た私に、より社会科を好きにさせて下さいました。また部活動でも、 その先生に指導して貰いたいと思い、柔道部に入部し、心身共に強く 指導して頂きました。教科指導も部活指導もしっかりされており、私 もその先生のようになって社会や柔道を教えたいと考え、教師を目 指しました。

二つ目は、児童生徒に対して一 一人と真剣に向き合い、強く育て たいと思ったからです。
近年、いじめや親からの虐待が原因で不登校や自殺をする児童生徒が増えています。教師と言う職業は、児童生徒に知識を教える教 科指導だけが役割ではありません。悩みや問題を抱えている児蘊生 徒に対して、授業以外でも関わり、心の面でも強く専く事が教師の大 切な役割だと考え、教師を目指しました。

実際に、現在勤務している中学校で学習面以外でも生徒とコミュニケーションを図っています。生徒個々の性格を理解し、僅かな変化にも気付くよう努力し、生徒を精神面でも強く導けるよう心掛けてい ます。
最後に、これから私は様々な困難に直面すると思います。児童生徒を指導し、強く育てると共に、私自身も成長し強くなりたいです。私が 中学校時代の先生を憧れたように、生徒が憧れるような先生を目指 して頑張っていきたいです。

タグクラウド

事務局連絡先
〒670-8524 姫路市上大野7-2-1
TEL&FAX:
079-223-9263
E-mail: honbu@hdud.gr.jp

PAGE TOP